「腸活」としての食事 [健康/腸内フローラ]

投稿日:

「腸活」としての食事/栄養

腸活と食事

健康を維持する為の重要な方法のひとつ「腸活」

健康維持に大切な「腸活」の概要については下記の記事もご参照ください。

「腸活:食事と運動と思考」

今回は腸活のひとつ「食事」について掘り下げます。

腸内フローラのバランスを整える食品成分や該当する食物として
*プロバイオティクス(probiotics)
*プレバイオティクス(prebiotics)
*シンバイオティクス(synbiotics)
というグループ分けがあります。ややこしいカタカナ名が並びましたが大丈夫です。説明します。

プロバイオティクス(probiotics)とは

まず、プロバイオティクス(probiotics)とは「腸内フローラのバランスを改善することによって宿主の健康に有益に働く生きた微生物/細菌(=有用菌)」のこと。

乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌がこれに該当し、いわゆる善玉菌、またはそれを含む食品を意味する場合もあります。食品で言えばヨーグルトや納豆がこれにあたります。

プレバイオティクス(prebiotics)とは

次に、プレバイオティクス(prebiotics)とは「大腸に常在する有用菌を増殖させるか、あるいは有害な細菌の増殖を抑制することなどによって宿主の健康に有益に働く食品成分」のこと。

食物繊維、オリゴ糖類や抵抗性デンプン、またこれらを含んだ野菜などがこれにあたります。つまり、腸内で働く善玉菌の餌になるものです。

シンバイオティクス(synbiotics)とは

そして、シンバイオティクス(synbiotics)とは、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたもの。つまり上記にあげた腸内フローラのバランスを整える生きた菌であるプロバイオティクスと、腸内の有用な菌の餌となるプレバイオティクスを同時に摂取することを言います。

両方を同時に摂取することでより効果的に腸内環境を改善し、健康増進に役立つと考えられています。ヨーグルトと野菜、納豆とオリゴ糖などを同じ食事で摂るべきということ。

シンバイオティクスで健康なカラダを手に入れる!

まとめるとプロバイオティクスが菌そのものの作用によって腸内環境を改善するのに対し、プレバイオティクスは有用な腸内細菌の餌となる食品成分を摂取することによって腸内環境を改善するということ。

シンバイオティクスは、そのプロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたもので、医療の現場では、感染防御や炎症抑制などにシンバイオティクスが応用されているとのこと。シンバイオティクスを普段の食事に取り入れて、元気で健康な毎日をお送りください。

#腸活 #健康増進法 #食事 #腸内フローラ #ナチュラルピュアレックス #NaturalPureX

-News, ライフスタイル, 健康法
-, , , , ,

Copyright© Natural PureX , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.