ふんふんふーん♪

今日の夕ご飯は、お野菜たっぷりクリームシチューです。

たんぱく質が足りない…

そんな体の悲鳴が聞こえてきませんか?

鶏肉には脂肪の少ないタンパク質が含まれているのです。

まさにタンパク質の救世主が鶏肉なのです。

 

鶏肉のももの部位にはビタミンB2が豊富なのです。

糖質や脂質をエネルギーに変える役割があります。

またビタミン12の存在も忘れてはなりません。

ビタミン12とは貧血にも効き目があり、

血が不足な方には必要な栄養素といえます。

 

今回の料理は鶏肉の半分をむね肉を使って調理しています。

むね肉には、ビタミンKというものが含まれており、

血や骨を形成する栄養素です。

またビタミンB6には、

筋肉を作る時に必要な栄養素が含まれているので、体作りには不可欠なのです。

鶏肉に含まれているコラーゲンは美容効果もあります。

例えお財布が苦しくても、ブロイラーの鶏肉を安く買うのではなく、

鶏肉のいいところどりの部位を使う事は味にも変化がでますし、

栄養もいいところどりができます。

1ランク上の鶏肉を購入するようにしましょう。

価格には意味があるのです。

 

【クリームシチュー4人分】

【材料】

人参 大1本
たまねぎ大 2個
じゃがいも大 2個
しめじ 1袋
アスパラガス 6本
いんげん 10本
ほうれん草(冷凍ほうれん草の半袋)
ブロッコリー(冷凍ブロッコリーの半袋)
鶏肉もも肉 250g
鶏肉むね肉 250g
ブイヨン 4個
塩 少々
胡椒 少々
おからパウダー大さじ3
白ワイン大さじ2
オリーブオイル大さじ2

■バター40g
■オリーブオイル30g
■小麦粉70g
■牛乳700cc
■水300cc
■胡椒少々
■塩少々

【作り方】

1.玉ねぎを千切り、人参を棒状にきり、ジャガイモは角切りにしておきます。

2.オリーブオイルで玉ねぎ、人参、ジャガイモ、ローリエを炒めます。

蓋をして15分いためます。野菜の汁気でいい感じに熱が通ります。

3.水の入った鍋の中にブイヨンを入れて2の野菜を投入します。

4.■のバターとオリーブオイルで小麦粉を炒めて飴状になったら

牛乳を少しづつ足してベシャメルソース(ホワイトソース)を作ります。
次の機会に絶対にだまにならないレンジで作るホワイトソースも紹介しますね。

5.野菜の鍋にベシャメルソース(ホワイトソース)とおからパウダーを混ぜ10分煮ます。

6.冷凍のブロッコリーと一口大に切ったインゲンと冷凍のほうれん草を混ぜます。

7.オリーブオイルをフライパンにひき、

もも肉は皮を下に焼き、むね肉も焼いていきます。
皮がパリパリになったら表面も焼いていきます。
余った油はキッチンペーパーで拭き取ります。
熱が通ったら塩、胡椒と白ワインをいれてフランベ
カリカリに焼いた鶏肉をシチューの上に盛り付けます。

8.完成

 

おからとオリーブオイルのおかげで、
普段飲むシチューの量が激減しました。
そして、お腹はいっぱいになりました。
いただきました星3つ☆☆☆
ご馳走様でした。

クリームシチュー

Cream stew

GREE にシェア
LINEで送る
Facebook にシェア
[`twib` not found]
[`friendfeed` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]
[`nifty` not found]
[`fc2` not found]
LinkedIn にシェア