ばしーん!ばしーん!

と、ジムのマシンで激しく鍛えると

思っていた私。

それは大きな間違いで、

ゆっくりと姿勢よく確実に、

使っている筋肉を意識してやるのが

筋トレの極意だったのだ…!

という事で、今日は私の

ジムでのトレーニングの一部を

ご紹介してみます。

 

ジムに着くと、まずするのは、

まずはこの体重計に乗ります。

これがただの体重計と違うのは、

ただ乗るだけででてくるデータが違う…

分かるのは、

 

<体格>

体重

標準体重

標準との差

BMI

 

<脂肪>

体脂肪率

右腕の脂肪率

左腕の脂肪率

右脚の脂肪率

左脚の脂肪率

内臓脂肪指数

 

<筋肉>

筋肉量

右腕の筋肉量

左腕の筋肉量

右脚の筋肉量

左脚の筋肉量

筋肉率

右腕の筋肉率

左腕の筋肉率

右脚の筋肉率

左脚の筋肉率

 

<代謝・骨・水分>

基礎代謝

基準値

推定骨量

水分量

 

<インピーダンス>

右腕

左腕

右脚

左脚

 

かなり細かいデータがでるのです。

まぁ、正直結果のデータを見ると…

がーん!

という事が多いのですが、

着実にいい数値になっているので、

このさい良しとします

次に、

 

 

マットを持ってきまして、

ストレッチを数十分します。

 

 

いつも、このストレッチビデオを見ながら、

俺って体固い…

とか絶望しつつも、

しっかりとできる限りのストレッチをしています。

運動をするにはストレッチがとても重要です。

また、運動が終わった後も、

このストレッチビデオでストレッチをして、

筋肉痛にならないようにしています。

え?

そういうのはいいから、早くマシンを紹介しろ?

はいはい、分かりましたw

 

 

まずは、チェストプレスというマシンです。

今年の9月1日にトレーニングをはじめたのですが、

当時は25kg×3セット(インターバル1分)が限界でした。

現在は筋肉もついてきて、

40kg×4セット(インターバル1分)となっております。

筋肉は進化するんだと感じる瞬間です。

私の場合、トレーニングは3日おきと決めています。

筋肉は毎日使って破壊されるだけでは、

筋肉にはならないからです。

筋肉は再生して作られるものなのです。

 

 

次のマシンは一瞬筋肉に関係していないようにみえますが、

これはいわゆる一本橋の綱渡りです。

スラッグラインといいます。

これは体幹というものを鍛えるもので、

トップアスリートでもやっているんですよ~

これはバランスをとるのがとても難しく、

いまは3歩あるければ、いいほうなんですが、

1年後にはサーカスでデビューできる

レベルになってやると、

日々努力しています。

体幹を鍛えるという意味ですと、

 

 

『メタルスライムがあらわれた!』

ではなく、これはボスバランスというもので、

上に乗ってバランスをとって体幹を鍛えるものです。

これに乗っていると愉快な気分になれるので、

ちょっとはしゃいでやっています

スラッグラインは、

カイジの綱渡りみたいで、ざわざわ…

と、してしまうという

ちょっとした恐怖感があるんですが、

ボスバランスはスライムと戯れる感覚になれるので

楽しいです♡

家が広ければ欲しいです。

 

私の本命マシンはこれです!!

ロータリートーソといいます。

これはお腹に加重をかけてひねる運動で、

メリメリとお腹やわき腹が

絞られていくのが実感できるマシンです。

9月1日の時には20キロしかできなかったのですが、

現在は50キロでバリバリやっています。

ジムに行って顕著にでた効果として、

1.顔にフェイスラインができた。

2.お腹にえくぼができた。

3.その他驚くべき変化w(今は秘密)

 

この、ロータリートーソのおかげで

お腹にえくぼができました。

でっぱり腹が中々いい感じに仕上がっています。

おから生活1年と

最近始めたトレーニングで、

ウエストは-18cmになりました。

ジーンズを捨てるのがもったいなかったです。

 

 

『人間はやっぱり脚で生きているんだなぁ…』

そうしみじみ感じさせてくれたのが、

このレッグプレス。

脚で板をおして踏ん張るみたいなマシンで、

やっている事は、スクワットのようなものです。

トレーニングを始めた当初は

か弱い自分では40kgが限界でした。

今は72.5kg×10回×4セットでやっています。

目標はとりあえず100kg!!!

このトレーニングをはじめてから、

ふくらはぎやふとももに筋肉がしっかりとついてきていて、

自分で見ても鉄人になれた気分です。

かっこいい~(自画自賛)w

脚力が付くことで、

歩いても疲れませんし、

早くあるけるようになります。

そして、姿勢もよくなります。

 

 

ダンベルとバーベルです。

いかにもジムの器具といったらこれですよね。

私は2キロと5キロのダンベルで筋トレをしています。

軽すぎる??

そんなこと全然ありません。

2キロのダンベルは水平に

持ち上げる動作をゆっくりします。

これは、7回目あたりで、

すごくきつくなります。

ペットボトルでやってみてください。

キツさわかりますから。

バーベルもいづれはかなりの重さに

挑戦したいですが今は、

筋肉を大切にする為に

無理はしません。

最後にストレッチをして、

これだけやって体育館のジムの

利用料金は100円ポッキリ

主夫にはやさしいお値段です

私はこの後に水泳で有酸素運動を追加してやっています。

25メートル泳いで、

帰りを水中ウォーキングをする。

この繰り返しで1時間泳ぎます。

過去の自分は1時間連続で

泳ぐことなどできなかったのですが、

帰りにウォーキングというのがミソで、

ウォーキングにより休憩&トレーニングが

できてしまうのです。

とにかく重要なのは、

全力で泳いで息を切らした途端に

トレーニングの意味はないという事。

とにかく自然に泳ぐ事が大切なのです。

さ~♪

すべてのトレーニングが終わりました。

筋肉のゴールデンタイムと呼ばれているのは

トレーニング後の30分以内の時間。

その時間にケアするのが、

 

 

酵素入りプロテイン☆彡

DNS プロテインホエイ100 バニラ風味

これをおいしくいただいて

(普段は体育館の冷水器で

プロテインを薄めるのですが、

今日はいつもより良い

トレーニングができたので

ご褒美にクリスタルガイザーを

使いました。)

 

今日の反省をしつつ

楽しかった筋トレを味わって一日は終了。